失敗しない賃貸物件探し〜こだわり条件に優先順位を〜

アパートとマンション

学生で一人暮らしをする場合、賃貸物件で暮らすにしても、アパートが良いのか、マンションが良いのかという所で悩む人も多いかと思います。
アパートとマンションですが、どのユナ違いがあるのでしょうか?
実は、アパートとマンションの違いですが、明確な区別があるわけではありません。
なかには、建物の階数によって、アパートとマンションを区別しているようなケースもあります。
3階以上のものはマンションで、2階以下の建物の場合には、アパートという分け方をしているケースもあると言われています。
ちなみにただ単に高さだけの違いで、構造などは全く同じだったというケースもあるほどです。
他にも設備の違いで区別をしているケースもあります。
いろいろな設備が充実しているのがマンションで、必要最低限のものしか用意されていない物件をアパートと言うという分け方をしていることもあります。
また設備が充実している分、マンションはアパートと比較をすると、家賃とともに支払わないといけない管理費が高い傾向があるという点も指摘されています。
しかし設備の充実の多少についてですが、最近ではデザイナーズアパートという物件も登場してきています。
このようなアパートの場合、けっこう設備も従事しているケースが多いので、一概にアパートとマンションの区別はつきにくくなっていると言えます。
アパートやマンションに賃貸選びの時にはこだわらずに、どのような建物の構造をしているのかという所で比較をしたほうが、より現実的と言えます。