失敗しない賃貸物件探し〜こだわり条件に優先順位を〜

軽量鉄骨造とは

最近の賃貸物件を見てみると、軽量鉄骨造によって建設されている建物も多くなってきているようです。
木造で作られている骨組のところに、鉄骨を使っている所が大きな特徴になっています。
しかし基本的な建物の構造については、木造建築に近いところがあります。
骨組みのところに使われている鉄骨ですが、厚さは6mm以下のものを使っています。
このため、鉄筋コンクリートの建物と比較をすると、住宅の重量を軽くすることができます。
また鉄筋コンクリートと比較をすると、コストもそれほどではありませんので、家賃が割高になることもありません。
軽量鉄骨造の場合、外壁や内壁のところに、軽量コンクリートも使われている物件が多いです。
ですから、鉄筋コンクリートほどではないにしろ、少なくても木造の賃貸物件と比較をすると、耐震性のところで優れていると言えます。
最近のアパートの中でも、かつては木造が多かったのですが、軽量鉄骨造の構造で建築されている物件も多くなってきています。
どのような構造の賃貸物件を選ぶかですが、もし安心して賃貸物件で暮らしたいと思っているのであれば、鉄筋コンクリートの物件が最も優れていることは確かでしょう。
しかし鉄筋コンクリートの物件は、家賃がどうしても割高になってしまう傾向があります。
その部分を安心して暮らすための投資と割り切れるのか、もう少し家賃の安い所を探したいと思うかは、人それぞれの判断にゆだねたいところです。
自分の目で見て、最終的に判断をしましょう。