失敗しない賃貸物件探し〜こだわり条件に優先順位を〜

引越しまで時間がない

引越しの期日が迫っている中で、賃貸物件を探さないといけないということも出てくるかもしれません。
できれば、余裕を持って賃貸物件を探したいところでしょう。
学生の場合、年度末と引越しの期日がある程度決まっていますので、合格して入学を確定させることができたら、すぐに賃貸物件探しをしたほうが良いでしょう。
しかし後期の試験で、なかなか合否判定が出なかったとか、いろいろなほかの手続きに追われて、賃貸物件探しが後回しになってしまったという話もあります。
もし引越し日までの時間的余裕がない場合、賃貸物件探しの中のプロセスの中で、省略できる所はあるのでしょうか?
例えば、下見をする日に同時に契約を済ませることができれば、かなりの時間短縮効果が期待できます。
しかし基本的に契約を交わす前には、入居審査があって、あなたに部屋を貸し出すことに問題がないかどうかについて確認をする必要があります。
そして契約をする場合には、あなたの住民票や身分証明、印鑑と言ったものが必要です。
そのほかにも保証人の印鑑証明や実印も必要になります。
保証人も一緒に来てくれるのであればいいですが、保証人の実印を持ち歩くのはどうかと思われます。
ですから一般的に下見の時に賃貸契約を交わすことは難しいでしょう。
ですから、下見をした後に申し込みをして、入居審査で問題がなければ、契約書は郵送で送られてくるので、それで交わすという方式をとるのがベターと言えます。